>

お札をよく確認しよう

冠婚葬祭に備えよう

結婚式に限らず、お葬式でもピン札を利用します。
冠婚葬祭で相手に渡すお金は、基本的にピン札だと覚えておきましょう。
急にお結婚式に呼ばれても対応できるように、ピン札をもらったら保管するのが良い方法です。
銀行でお金をおろした時や、買い物をした時のお釣りでピン札を受け取ることがあります。

買い物などでピン札は使わないでください。
そのように普段から保管していれば、結婚式の時にご祝儀を全てピン札で渡せると思います。
また、ATMにピン札が出るボタンがあるかもしれません。
そのボタンを押すと全てピン札で出てくるので楽に用意できます。
自分が普段使っているATMをチェックしましょう。
最新のATMは、そのようなシステムが搭載されています。

アイロンを使ってみよう

どうしても用意できなかった場合は、シワをアイロンで伸ばしてください。
服のシワを取る際のアイロンでお札も同じように綺麗になります。
しかし高温のアイロンを当てすぎると、お札が燃える可能性があるので気を付けてください。
低温ですばやくアイロン掛けをしたり、当て布をすれば大丈夫です。
安全を確保してアイロンを使ってください。

結婚式の当日は、招待される側も準備で忙しくなります。
そんな時にアイロンを出して、お札のシワを伸ばす時間がないでしょう。
前もって、ピン札を用意するのが賢い方法です。
いくらご祝儀として渡せば良いのか決めて、必要があればお札にアイロンを掛けておきましょう。
時間に余裕を持って準備してください。


この記事をシェアする

トップへ