>

招待されたら必ず持って行く

自分と相手の関係性を考える

兄弟姉妹は最も近い存在と言えます。
ですからご祝儀の金額も、最も高くなると思ってください。
20代の人は、30000円から50000円が相場です。
少し出費に感じるかもしれないので、結婚式に招待されたら前もって準備しておきましょう。
ご祝儀が足りないという事態が、絶対に起こらないよう注意しましょう。
いとこも、近い親戚だと言えます。
一般的な相場は、30000円前後でしょう。

相場以上の金額を与えると、お返しの負担が大きくなってしまいます。
おめでたい気持ちを込めたいかもしれませんが、相場は超えないでください。
後は、言葉で気持ちを伝えましょう。
直接伝えた方が、相手に気持ちが通じます。
おめでたい結婚式で失敗しないよう、ご祝儀を用意してください。

かわいいデザインのご祝儀袋

ご祝儀袋が市販されているので、それにお金を入れてください。
普通の茶封筒に入れて、渡すことはルール違反です。
絶対にしないでください。
お葬式の時は、シンプルなものを使用します。
しかし結婚の時はおめでたいので、かわいらしいデザインや華やかなご祝儀袋でも良いでしょう。

そのためたくさんのご祝儀袋が売られています。
結婚式に招待されたら、すぐご祝儀袋を買いましょう。
コンビニでも販売されているので、当日に購入することもできます。
しかしコンビニは扱っている数が少ないので、あまり良いデザインがないかもしれません。
華やかなご祝儀袋を使うことで、お祝いしているこちらの気持ちが、より相手に伝わります。
早めに準備することを忘れないでください。


この記事をシェアする

トップへ