ご祝儀袋を購入しよう

家族や親戚の結婚式は、ご祝儀の金額が高くなると覚えておきましょう。
兄弟姉妹なら30000から50000円が相場になります。
いとこは少し金額が下がって20000円から30000円ぐらいです。
相場が決まっているので、どのくらい金額を包めば良いのかわからなかったら参考にしましょう。
ご祝儀を渡す時は、ご祝儀袋を使います。
かわいいデザインのものも多いので、気に入ったご祝儀袋を選択しましょう。
結婚式というおめでたい場なので華やかなデザインでも大丈夫です。

またこちらの年齢で、ご祝儀の相場が変わると覚えておきましょう。
自分が40代なら、兄弟姉妹に渡す相場は50000から10万円になります。
いとこも30000円から50000円と、金額が上がります。
そのくらいの年齢になると、会社である程度キャリアアップして収入をたくさん得ている人が多いです。
そのためご祝儀の金額が上がっても、大きな負担にはならないでしょう。
年齢が上なのに若い人と同じご祝儀では、不信感を抱かれることがあります。

ご祝儀はシワが付いていないピン札を用意しなければいけません。
普段の買い物でもお釣りで、ピン札をもらうことがあります。
それは使わないで、冠婚葬祭の時用に保管してください。
どうしても自宅にピン札がない場合は、シワを伸ばすと良いですね。
アイロンを使うと綺麗なピン札になります。
また銀行のATMによっては、お札がピン札で出てくるボタンがあるので利用しましょう。
ご祝儀を渡す際のルールも守ってください。

トップへ